クレジットカード比較でチェックしたい点

最近は何枚もクレジットカードを持っている人もいますが、クレジットカードを持っているととても便利なことも多いです。クレジットカードでポイントを貯めると、商品券や航空券に交換できたり、電子マネーにチャージできます。家族カードならポイントを家族で合算できるのでとても便利です。このようにクレジットカードによって、サービスの質やポイントが貯まる方法が違うので、しっかり比較して選ぶことが大事です。クレジットカード比較でチェックしたい点をあげると、やはりポイントの還元率でしょう。年間高額な費用をクレジットカードで払う場合は、還元率が1%違うだけで、もらえるポイントは大きく変わってきます。ここではポイント還元率を詳しく説明するので、クレジットカード比較に役立ててください。

ポイント還元率でクレジットカード比較をする

クレジットカード比較で大切なのはポイント還元率です。ポイント還元率とは、クレジットカードを利用した時にもらえるポイントの割合の数値です。その割合はクレジットカード会社によって違うので、じっくり比較することが大事です。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%くらいですが、高還元率のクレジットカードになると、1%以上になります。たいした差がないように感じますが、100万円を1年間使った場合は、0.5%の還元率だと5000円分のポイントしかもらえませんが、1%の還元率だと1万円分のポイントがもらえます。高還元率のクレジットカードの特徴は、カード会社を提携しているサービスを利用することで、より大きなポイントを得ることがきます。クレジットカード比較では、提携サービスが利用できるかもしっかりチェックすることが大事です。

ポイントのためやすさでクレジットカード比較をする

クレジットカード比較する場合は、ポイント還元率だけで選ぶことも大事ですが、支払額が多くても思うようにポイントが貯まらないことがあります。他にもポイントが貯まっても、欲しい商品が見つからないこともあります。これだと、せっかくポイント還元率が高くても意味がないので、どのような支払にポイントがつくのか、どのような商品と交換ができるのかしっかりチェックすることが大事です。クレジットカードの支払でポイントがつくものは、ショッピング以外にも公共料金の支払いや社会保険料の支払い、携帯電話料金の支払いやプロバイダ料金の支払いなど、カード会社によって違うので、しっかりチェックするといいでしょう。どんな商品と交換できるのかチェックすることも大事です。せっかく多くのポイントを貯めても、交換する商品がなければポイントを貯める意味がありません。カード会社の中には商品とポイントを交換するだけでなく、提携のお店でポイント支払いサービスもあるのでとてもお得です。